サイキック (コリン フライ)

メンタリストの中でパトリックがよく、本物のサイキックなんてものはないと言ってますね。
でも私はサイキックとか霊媒のひととかいると思うんです。

コリン フライというひとの番組をよくみますが、このひとは本物のサイキックですよね。
日本でもこの番組を放映してますか?
ある日番組の最後のほうで、会場の人達からの質問をコリンが受けたことがありましたね。
その質問の内容は 自殺した人達は死後どうなるか というものでした。
やっぱりイギリスはキリスト教国だから、自殺すれば地獄で火の海に投げこまれて永遠に苦しまされるとか思ったのでしょうね。
コリンの答えは自殺したからといって特別に罰されることはなく、どちらかといえば他のひとたちよりも余計に助けが与えられる でしたね。

私が思うには、この質問をされたひとは自分の身近の誰を自殺で失っていて、そのことがとても心配だったと思います。
このひとにとってコリンの言葉は救いだったでしょうね。

聖書の中に、神は絶対に人びとにそのひとが乗り越えられないような試練はあたえない、という節がありますね。
でも実際には試練に耐え切れずに自殺するひともいるんですよね。
じゃあ、いったいこの意味は何なんでしょう?

とにかくサイキックてかっこいいじゃないですか。
もちろんサイキックのひとにもそれなりの苦労とかあるんでしょうが。(ホームレスよりずっとかっこいい。)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック